ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

「9月1日は18歳以下の自殺が一番多い日」という衝撃



【スポンサーリンク】

この題名を見た時の衝撃。


なんと悲しいことなのだろう…。


8月30日付の朝日新聞の一面から。

内閣府が2年前、(42年間の18歳以下の自殺者数を日別に集計した結果、最も多かったのは9月1日で131人、9月2日も94人、8月31日も92人で、夏休み明けは1学期の始まりの時期と並んで多かった。



大人でもとても辛いことなのに、子どもたちのその小さな胸の中が、悲しみや怒りや悔しさでいっぱいになり、苦しんで絶望して、一人ぼっちで死んでゆくさまを想像してしまう。


その子はもちろん、親の悲しみや苦しみは如何ばかりか。


こんなに悲しい子どもの死はない。


でも今はずいぶん社会の理解が進んだ。
「嫌なら行かなくていい」「逃げてもいい」「学校だけが世界ではない」と。


いじめに遭っている人は今の辛さでいっぱいになってしまうだろうけれど、そこだけが全てではないし今だけが全てでは無い。


そこではそんな状況になってしまったが、違う場所、違う人の中ではまた違う状況が生まれるということ、それを知ってほしいと思う。


また、周りの人たちには「様子の変化 注意を」と、いつもと違う様子が見られたら注意するように呼びかけている。


朝日新聞に載っていた支援団体の情報を転載します。



以下、朝日新聞の記事より転載。

「学校へ行きたくないあなたへ 味方はここにいます」と題した緊急メッセージを発表したのは、全国不登校新聞社等五つのNPO法人。
不登校新聞のサイトでは「9月1日が嫌だなって思ったら、自殺するより、もうちょっとだけ待っていて欲しいの」という樹木希林さんのメッセージや、「嫌なところからは、逃げよう、逃げて生き延びよう」と言う社会学者の上野千鶴子さんの言葉も並ぶ。

全国不登校新聞社


「学校が辛くてもここがあるよ!プロジェクト」を展開するNPO法人「フリースクール全国ネットワーク」(東京)のサイトでは8月下旬から9月にかけて居場所を無料で開放したり、電話相談を受けつけたりする全国のフリースクールを紹介している。

フリースクール全国ネットワーク | 日本全国の不登校子どもの居場所・フリースクールをつなぐネットワーク


いじめや嫌がらせを受けている子供や保護者に向けて、「今すぐ役立つ脱出策」をサイトで紹介しているのは、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」(東京)だ。「いつ、どこで、誰から、何を言われたか、されたか」を書き込むメモや「いじめ発見チェックシート」を掲載。

ストップいじめ!ナビ
http://stopijime.org/

----------------


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 


断捨離ランキング

 

ブログ村テーマ
シンプルで豊かな暮らし

ブログ村テーマ
心地よい癒しの暮らし

ブログ村テーマ
ミニマリストになりたい

ブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマム

ブログ村テーマ
ビフォー・アフター

ブログ村テーマ
WEB内覧会*リビング

ブログ村テーマ
50代主婦日記