ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

なにこれ、想定外で面白かった「過保護のカホコ」第1話



【スポンサーリンク】

今期ピピッとくるドラマがなく、唯一まあまあ期待出来そうだったあるドラマも、自分には全く引っかかるものがなく、第1話途中で見るのをやめてしまった。

 

録画しようか迷った「過保護のカホコ」第1話、全く期待せず見始めた。

 

お、時任三郎、久々。夫の時任の語りによるドラマなのか。ニュージーランド、まだ住んでるのかな。しかしいい感じに年取ったよな、この人は。

 

黒木瞳か、娘のことできっと悩んでいるだろうに、母娘ドラマとはちょっと皮肉だな、かわいそうに。しかし衰えないなあ、56歳?妖怪の域だよ、こりゃ。

 

など勝手なことを考えながら見てゆく。

 

最初、前々回位のクールにあった斉藤由貴と波瑠のドラマのような母娘密着の話かと思いきや、どうやら「働くこと」がテーマなのかな、という第1話のお話だった。

 

純粋無垢で天然、必死すぎるほど一生懸命な高畑充希の「カホコ」もいいし、ちょっと世の中を斜めに見ている生意気な労働苦学生の竹内涼真という俳優演じる麦野もいい(この人、私は初めて知りました)。

 

気弱な父、時任の、口には出さないが少し皮肉が入る動物に模した人物評、この家の女王である母、黒木の、相手に有無を言わさない気持ちのいいほどの独走ぶり。

 

でも一番ツボだったのは、最初バカにしていて完全に上から指導するばかりだった麦野(竹内)が、カホコに徐々に影響を受け始めるその過程。

 

最初「なんだこの家族」と辟易して言い捨てた麦野と同じく辟易して見ていた自分も、「あれ、意外とこの子…」とカホコの魅力に徐々に惹かれ始めてゆく。

 

人はいつ、どのタイミングで、その能力や魅力を開花させるのかはわからないなあ、とつくづく思う。

 

今後に期待大、週一の楽しみが出来ました。

www.ntv.co.jp

----------------

読んで下さりありがとうございました。

↓ぽちっとして下さると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 


断捨離ランキング

 

ブログ村テーマ
シンプルで豊かな暮らし
ブログ村テーマ
心地よい癒しの暮らし
ブログ村テーマ
ミニマリストになりたい
ブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマム
ブログ村テーマ
ビフォー・アフター
ブログ村テーマ
WEB内覧会*リビング
ブログ村テーマ
50代主婦日記