ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

不器用な自分を必要以上におとしめてはいけない、と思う



【スポンサーリンク】

仕事をしていると、言い訳したい場面が出てくる。

 

先日も一つ作業をしていたら、「これをやって下さい」と言われ、そちらが優先なんだと思ったのでそちらに移って作業をしていたら、あれ?これは?と途中にしていた作業を指して言われた。

 

こちらをやってと言われたので…と言うと、「えー?そうか…いやそうじゃなくて…」

 

元の作業が終わってから、ということだったらしい。

 

その人からすれば元の作業の内容を見れば優先するべきなのはもうわかるでしょ?と、そこをわかっていないことを注意された。

 

私は受け取った情報を分析するのが苦手。

 

そのまま表面的に受け取り行動して、後から「ああそういうことか」ということが多い。

 

ここは人より少し弱い部分と自覚している。

 

なので仕事を覚えていく過程が、頭で理解するプラス小さな失敗をして「ああそういうことか」と経験して積み上げ習得していくスタイル。

 

なのでどうしても遅かったりトロかったりしてしまう。

 

今回も、そこまで気づけなかった私が悪いと言われればそうとも言えるのだろう。

 

ただその人の指示も誤解を招く指示だったとも思う訳で、「それが終わったらこちらをやって下さい」と言えばこんなことにはならなかった。

 

万人にわかる、わかりやすい指示を出すこともまた仕事のミスを防ぐ大切なことだと思う。

 

…という理解しておくべき点を(私の中で)明確にしつつ、

 

でもこの失敗により、最初の作業がとにかく優先順位が高いということを学べ、それは私の大きな収穫だった。

 

今後また同じ指示が出たとしても、こちらが終わってからですよね?と念のため聞くことが出来る。

 

 

 

 

周りのできる人と比べて落ち込むこと、それはしすぎて疲れたのでもうやめようと思っている。

 

残念ながら私は不器用な人間なのだ。

 

ならばどうする?

 

こいつトロイな、と思われていてもいい、

 

自分に入れるべきことのみ真摯に、クールに受け止め、復習・予習をしよう。

 

失敗して落ち込むのは仕方がない。

 

その度に次につなげよう、と思い直せばいい。

 

その結果、昨日の自分と比べて日に日に良くなっているならばそれでいい。

 

 

そして、とにかく自分を褒めてあげよう。

 

この前失敗したけど今日はそれを踏まえて上手くできた。すごいよ!と。

 

周りを気にせずそうやって淡々とやっていくこと、

 

それが強さになってゆくようにも思う。

 

 

 

 

全てが嫌になり投げ出したくなることもたくさんあるけれど、とにかく生きていくしかない。

 

私のような不器用な人間の生き様というもの、その方がよっぽど感動的でドラマじゃないか。

 

そう思える自分の図々しさにも希望を感じる。

 

自分はめちゃくちゃネガティヴだけど、なかなかのポジティブでもある、と思う。

 

アラフィフになっても、こんな風に日々葛藤しながら生きている。

 

多分一生そうかもしれない。

 

でもこれが人生なんだよ、とやはりそう思う。

----------------

ご訪問下さりありがとうございます。

↓ぽちっとして下さると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 


断捨離ランキング

 

ブログ村テーマ
シンプルで豊かな暮らし
ブログ村テーマ
心地よい癒しの暮らし
ブログ村テーマ
ミニマリストになりたい
ブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマム
ブログ村テーマ
ビフォー・アフター
ブログ村テーマ
WEB内覧会*リビング
ブログ村テーマ
50代主婦日記