読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

村上春樹な一日



【スポンサーリンク】

今日も病院でした。


大きな病院なんですが、9時過ぎに 行ったら駐車場に入るのに大行列。


やっと駐車して受付に行くとまず検査を受けて下さいと言われる。


検査の受付に行くと、1時間ほどお待ち頂いていますが…とのこと。


では席を外して1時間後また来ます、と併設された店舗群を見学に行く。


コンビニ、コーヒーショップ、介護用品店、花屋、本屋…病院ならではの需要がある店たち。


ファミリーマートの中を見学。


普通コンビニに並んでいるものプラス、下着の種類が多かったり、大人用オムツやコップ類…病院ならではの商品が色々並んでいる。


(ここにも生活があるんだな…)


コーヒーショップでブルーベリーベーグルとアイスカフェラテを注文。(病院て暖かい、いや暑いくらいです。)


知らない所に来た時、まずはどこかに落ち着いてご飯を食べたりお茶を飲みたくなる…そして思い出すのが村上春樹の小説です。


自分にとっての村上春樹の小説の大きな魅力の一つが「生活の描写」です。(もちろん、話の内容もとても面白いです。)


旅先でレストランやバーに入る。ひどい店だったり、優れたバーテンダーのいる気持ちのいい店だったり。どこがどうひどいのか、どこがどう気持ちいいのか。


旅から帰ると足りないものをリストアップしスーパーで買い出しをする。華美ではなく日常的なごはんを作る。


(ちょっと変わった環境に暮らすジャンクフードばかり食べている)13才の女の子にまともなごはんを食べさせる。

僕はまず彼女をまともな店に連れて行って、ホール・ホイートのパンで作ったロースト・ビーフ・サンドイッチと、野菜のサラダを食べさせ、まっとうで新鮮なミルクを飲ませた。僕も同じものを食べ、コーヒーを飲んだ。美味いサンドイッチだった。ソースがさっぱりとして、肉が柔らかく、本物のホースラディッシュ・マスタードを使っている。味に勢いがある。こういうのを食事というのだ。

(有名な芸能人でお金持ち、けれど消耗して疲れている)友達の五反田君に酒のつまみを作る。

僕は長葱と梅肉のあえものを作ってかつおぶしをかけ、わかめと海老の酢のものを作り、わさび漬けと大根おろしに細かく切ったはんぺんをからめ、オリーブ・オイルとにんにくと少量のサラミを使ってせん切りにしたじゃが芋を炒めた。胡瓜を細かく刻んで即席の漬け物を作った。昨日作ったひじきの煮物も残っていたし、豆腐もあった。薬味にはたっぷりと生姜をつかった。
「素晴らしい」と五反田君は溜め息をついて言った。「天才的だ」

「ダンスダンスダンス」より


村上春樹を読むと自分の日常生活も潤う気がします。


そして今日も村上春樹の小説的な気持ちを味わいながら人々を眺め、お茶を飲みました。


日常生活を素敵な気持ちにしてくれる、素晴らしき村上ワールド。もうすぐ新作が出るそうで楽しみです。(でも前に娘に勧めたらつまらなくて途中で読むのをやめてしまったって。)マジかー(*´-`)

ーーーーーーーーーー

来ていただきありがとうございました(*´꒳`*)

↓ランキングにエントリーしています。
ぽちっとしてくださるととても嬉しいです!

にほんブログ村


follow us in feedly

↓色々な方の記事、参考にさせてもらっています(^^)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ゆるミニマル

美しい収納&お片づけレッスン♪

やっぱり好き MUJI 無印良品

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

大人が着る無印とユニクロの服

手作りおうちごはん