ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

断捨離が劇的に進みだした



【スポンサーリンク】

娘宅から戻った後、再度自宅の片づけに着手し始めました。


今日は市の衣類ゴミの日だったので、衣類を2袋・寝具類を2袋出しました。


衣類はこの間こんなに出してから、の2袋です。
f:id:simple-kiki:20170423201111j:plain:w350


最近、私の断捨離には迷いがありません。


今日は、なぜそうなるに至ったのかを書いてみたいと思います。


目次

「いつか」と「もしかしたら」

「いつか」時間が出来たら売りに行く、メルカリに出品する、と思いつつ何年・・・?


他にも、「いつか」やせたら着る、「もしかしたら」子どもが大人になったら着るかも、「もしかしたら」子どもが結婚する時持っていくかも、はては「もしかしたら」孫が生まれた時に・・・


キ、キリがない…で、でももったいなくて・・・(@_@)


スパッと断捨離が出来なかった大きな要因の一つが、この「いつか」と「もしかしたら」だったんだな・・・。


それに気づかされたのは、「住まいのダイエット」を見てからでした。

 

「住まいのダイエット」で響いた言葉

色々な方がブログで書いていた「住まいのダイエット」、私も見ました。


初回の放送時、やましたひでこさんが住人の方に所々でアドバイスをしていたのですが、その言葉が思いのほか心に残っていて、捨てるかどうか迷っている時にフッと現れては断捨離する私をどんどん後押ししていきました。



「捨てるなら売ればどうか」という意見に、

売ろうとすればここに荷物が残ってしまう、あなたはどんな暮らしがしたいのか、今、快適な暮らしを手に入れたいのではないか。


「いずれ使う時が来るかも」という意見には、

その時が来たらまた準備すればいい、まずは今、この空間を快適にすることを考えることが大事。


そして

「どう片づけるかではなく、どう暮らすか」

とも。


私はどんな生活がしたいのか


①スッキリした空間で暮らしたい→心地よさ・心の安定のために。

②雑用を最小限にしたい→体のメンテナンス・勉強(仕事や家事のスキルアップなど)・趣味・娯楽・休息などに時間を使いたい。


こうして考えてみると、②を実現するためには、

自分にとって管理しきれる量だけを持つ

という事が絶対的に必要になるのではないでしょうか。


そして、その「自分にとって管理しきれる量」というのは、すぐれた家事能力・雑用処理能力を持っていない限り、かなり少ないのではないでしょうか。


売るのをあきらめたら


今、快適な暮らしをしたい!


将来じゃなくて今したい!


このままだと、その将来だって一生来ないかもしれない!

もったいない気持ちや捨てるという罪悪感をそんな言葉で打ち消しながら、衣類や電化製品や不燃物をゴミの袋にどんどん詰め始めました。


そして、

次からはもうこんな乱暴な捨て方はしないぞ!

必要なものだけを大切に使う生活をするぞ!

詰めながら心に誓いました。


売りに行ったり、高く買ってくれるところにネットで出したり、人に差し上げたり、それができる場合はもちろんその方がいいのですが、でもそうすると車で運んだり、ネットでの手続きをしたり、あげるもの・売れるもの・捨てるもの、などの仕分けをしなくてはなりません。


それをしようとして何か月・何年もそれができないのならば、一度あきらめて市のゴミに出してしまう事を、自分の経験からお勧めします。


何も考えず、ひたすら袋に詰めて家の前や近くの収集場所に出せばいいのですから。


私の場合、とりあえずそれをやってみて、第1段階の荷物が減り一息つけました。


それで初めて、自分のしたい生活に手が届くかもしれない、という実感を持てるようになってきたのです。
f:id:simple-kiki:20170423162241j:plain:w350



まだ入り口に立ったばかりですが、引き続き断捨離を続けていきたいと思います。

----------------

読んで下さりありがとうございました。

↓ぽちっとして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


断捨離ランキングへ


↓色々な方の記事、参考にさせてもらっています。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ビフォー・アフター

美しい収納&お片づけレッスン♪

やっぱり好き MUJI 無印良品

手作りおうちごはん


【関連記事】
娘の引っ越し手伝い
この家で一つしかないこの収納スペースをどう使うか…