ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

仕事が出来るようになりたい



【スポンサーリンク】

遅い。どうにも人より遅い。


何が違うんだろう…と速い人を観察する。


①速さ自体が違う
②一つの仕事が終わる前に次の動作を考えていて、片付ける作業と共に取りかかる作業を並行して行っている
③間髪入れずに取りかかっている
④勢い(気迫)が違う


①の、速さは仕方がない。
徐々に修練して早めていくしかない。


②は、一つの仕事が終わりそうな時に、次の仕事を考えるよう、意識はしている。
でももっとその精度を上げていくこと。


③は、私の場合、性格的に、一つの作業が終わると綺麗に片付けたい。


綺麗にしてから次に移りたい。


でもできる人を見ると、片付けはほどほどにサッと、そして間髪入れずに次の作業に取りかかっている。


ああ、ここだなー、と思う。


丁寧に、綺麗にしたい。


けれど、一旦そこは我慢しなきゃなんだな。


速さが備わってきたら徐々にまたそこを取り込んでゆけばいいんだ。


ここを意識してやってみよう…。


そして④の「気迫」は、もう自分がこれを終わらせなければ!という気迫があるかないか。責任感ともいえる。


「誰かがどうにかしてくれる」という立場に甘んじているパートの自分と、


「自分がどうにかここを終わらせなければ」という社員との気迫の差。


そこに甘んじていてはそこから抜け出せないよなあ、と思う。


仕事に入る前、「よし今日こそ…!」と勇み足で入っていき、大体は「なんでなんだよ…」とガックリして職場を後にする。


「どこが悪かったのだろう」と考える毎日。


まあとにかく元々の動作がゆっくりなんだから仕方がない。


そこは修行あるのみ。


今までの自分の家事の仕方も、かなり効率の悪いやり方だったんだなあ、と今更気づく。


なので練習と思って、家でも少し意識して効率的に動く練習などしてみている。


けれど救いは、仕事の作業自体はとても楽しいということ。


速くできないことが辛かったりストレスが だったりするので、速くできたらストレスなく楽しく仕事ができるだろうなあ、とその日を夢見ている。


落ち込んだ時は、


「でもね、入った当初と比べてごらんよ、大したもんだよ、確実にレベルアップしてるんだから」


「一年後にはきっともっと出来るようになってる」


ともう少し出来るようになっている自分を思い描いて、


「あとはできることをコツコツやっていこう」


と自分を励ます日々だ。

----------------

ご訪問下さりありがとうございます。

↓ぽちっとして下さると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 


断捨離ランキング

 

ブログ村テーマ
シンプルで豊かな暮らし

ブログ村テーマ
心地よい癒しの暮らし

ブログ村テーマ
ミニマリストになりたい

ブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマム

ブログ村テーマ
ビフォー・アフター

ブログ村テーマ
WEB内覧会*リビング

ブログ村テーマ
50代主婦日記