ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

人生の落とし穴 - 不器用で注意散漫な自分が気をつけたいこと



【スポンサーリンク】

目次

自分について

昔は自分のことがわからなくて、今思えばだいぶ混乱した落ち着かない生活を送っていたと思います。


やみくもに頑張ったり落ち込んだりしていた過去の自分…愛おしくもあり、せつなくもあり、頑張ったね、辛かったね、と抱きしめてあげたい気持ちになります。


今は段々自分の分析が出来てきました。


大変な時は自分を励まします。


「その部分が少し欠落しているだけ。

大丈夫、対策をすればなんとかなる。

焦らないでいい、落ち着いて、落ち着いて、」

と。


注意散漫

自分にはいくつか欠落部分がありますが、その一つが注意散漫だということです。


「自分は人より危機に陥りやすい人間だ。

よって人より注意深くならなければならない。」


それに気づいてからは、リスクを避ける、リスクの可能性をなるべく小さくする、その事を意識して暮らす様になりました。


火事のリスク


私は過去2回、天ぷら鍋から火を出しています。


2回とも、鍋を熱したままリビングに移動し違う事に気を取られ、というものでした。


火が出た時見える場所にいたのですぐに消すことができましたが、見えない場所にいたらどうなっていたか考えるとゾッとします。


知り合いで、やはり天ぷら鍋から火が出て、見える所にいたにも関わらず消火器がなく、家が燃えてしまったという人もいました。


また、酸素をシャットダウンすればいいのでフタをすればいいと聞きますが、私は最初フタをかぶせるのを試みましたが、火が怖くてきちんとかぶせられず、かえってパニックになりました。


消火器の備えは必須です!


私のように2回も火を出すなんて問題外なのでしょうが、私はこれで家が燃えてしまわずに済みました。


2年ほど前に家をつくり、オール電化の家で暮らし始めました。


お料理でガス火がなくなるのが不満だったのですが、火を見ない生活は私の不安をだいぶ払拭してくれていることに気づきました。


今なら昔の私に言ってあげます。


ガス台をIHにして!と。


それが無理なら、揚げ物を一切やめて!と。


自動車運転のリスク


もう一つの大きなリスクは自動車運転ではないでしょうか。


何と言っても自動車には、人を死に至らしめてしまうという恐ろしいリスクがあるからです。


自分が死んだりケガを負うのももちろん怖いですが、人に回復不能なダメージを与えてしまった場合にはもう責任が取れないのです。


私は最近、経済・健康の為に車を手放そうと考えているのですが、手放すと考えた時、事故のリスクからも解放されるんだという安心感が心に存在していることにも気づきました。


注意散漫な自分に、運転は結構な高リスクです。


なので運転する時はノロノロでもいいから注意深く、と気をつけています。


たまにテンションが高い時、音楽をかけ楽しくなり調子に乗ってしまうことがあります。


後から反省しますが、事故は本当に一瞬の出来事、もう後戻りはできないのです。

人生の落とし穴


危ない事はたくさんあったけどなんとか無事にすんでいる自分はだいぶ幸運だと思います。


そしてその幸運な人が大多数で、たまたま悪いタイミングに当たってしまう少数の人が事故に遭っているのでしょう。


「人生には色々な種類の落とし穴がある。人生は恐ろしい所だ。」


事件・事故、様々な悲惨なニュースを見るたび、そのニュースの当事者達の絶望を想像しそう思います。


もちろん不可抗力な事故もあります。


でも回避できる事故は多く、事故の確率を限りなく低くすること、リスクを回避するためにできること、それを意識する事は大事なことだと思います。


落とし穴は消せませんが、その存在に気づいてよけて通ることは(ある程度は)できる、と思っています。


ただ、「まさか自分が」という運命の恐ろしさの可能性も存在するのだ、ということをどこかで受け止めつつ…でないと苦しくてとても生きてはいけません。

ーーーーーーーーーー

読んでいただきありがとうございました(*´꒳`*)

↓ランキングにエントリーしています。
ぽちっとしてくださるととても嬉しいです!

にほんブログ村


follow us in feedly

↓色々な方の記事、参考にさせてもらっています(^^)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ゆるミニマル

美しい収納&お片づけレッスン♪

やっぱり好き MUJI 無印良品

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

大人が着る無印とユニクロの服

手作りおうちごはん