ミニマリストの森

ミニマリストになりたいアラフィフシングルママのブログ

いつもと違う休日 ー ルーティーンの素敵さ



【スポンサーリンク】

目次

惰眠を貪る


「惰眠を貪る」という言葉の響きが好きです。 (行動ではなく言葉の響きが)

だみんをむさぼる【惰眠を貪る】
①なまけて眠ってばかりいる。
②何もせずだらだらと日を送る。
小学館「大辞林」より


休日、大体7時には目が覚めます。


ああ、休みだ〜!と幸せな気持ちで伸びをして、布団の中でスマホを閲覧。(ブログだったり録画したテレビだったりYouTubeだったり…)


スマホを見ているとなぜか眠くなる…


ウトウト…


すぐに目が覚め再び「伸びをして…」に戻る。


それを何度かリピート、やっと起き上がるのは10時とか。11時なんて時も…。


休日なのでいいじゃないかって思うのですが、ちょっと自己嫌悪になりそうにもなる。


でも「私、今、惰眠を貪っている」って思うとちょっと嬉しくなる。


「いいじゃないか、惰眠を貪りたいんだよ!」って。



問題なのは


問題なのは、惰眠を貪るという計画を積極的に実行しているのではなく、結果惰眠を貪ってしまっている、という事なんです。


明日は昼までゆっくり寝よう!ダラダラしよう!っていう計画ならそれもちょっと楽しいです。


でも私の場合は、「休みなんだからいいでしょ!だって仕事、超疲れるよ⁉︎休みの日ぐらいダラダラしたってバチあたらないよね?」って、誰かに言い訳しながら無計画にダラダラしている。(「誰か」なんていないんですけどね)



ルーティーンがもたらす心の平穏


そんな重要な問題に気づいたきっかけは、今朝起きた後布団の中で読んでいたあるブログ記事でした。


”空にふんわり。シンプリストさん”という方ののこちらの記事。つらい時、ふと思い出す映画。 - 空にふんわり。シンプリスト

(ジブリの「コクリコ坂から」、見てみたいです。素敵なお話ですね。ブログ記事もほんのり心にしみました。)

ルーティーン、素敵だなあ、と思った私は、ようし、今日はちょっといつもと違う朝にしてみよう、ルーティーンを作ってみよう、と考えました。(多分皆様には今更?な常識でしょうが・・・σ^_^;)


ルーティーン内容を決め時間を計る

ストップウォッチで計ってみました。

①ベッドメーク(5分)

②洗顔・歯磨き・着替え(10分)

③台所洗面所トイレの手拭きタオルを換え、洗い物を洗濯機へ入れてスイッチon。(3分)

④全体の掃除機。(13分)

⑤洗濯干し(14分)


合計45分でした。


1時間未満でこんなにさっぱり気持ちの良い休日の朝が出来上がるんですね(^^)


もし「明日は惰眠を貪るぞ!」って決めたなら、前日に出来る事はやっておけば自己嫌悪にはならないですよね。


ちょっと恥ずかしいおまけのビフォーアフターσ(^_^;)


こちらは綺麗な状態の事務スペース。


最近疲れていてこの事務スペースがひどい事になっておりまして…。(ここに荷物を集めておけば、一応リビングダイニングがスッキリするものでついつい…)


ここも綺麗にしました。


台所と合わせてのビフォー・アフターをご覧下さい。ちなみに大晦日の日と一緒で画像は加工しています。


台所ビフォー(ぎゃっ!)

アフター(片付け時間20分)



事務スペースビフォー(ぎゃーっ‼︎)


アフター(片付け時間1時間20分)

結構丁寧に片付けたのでこんなに時間がかかりました。


一日を終えてみて、なんだか静かな満足感が・・・。
なし崩しに過ごすか、計画的に過ごすか。
きっと生活を自分で管理できるという事が自信を生み、それが心の平穏へとつながるのですね。


ルーティーン・・・私にとっては新たな境地です。
実験の日々は続きます。
でも新しいことを試すのは楽しいです。

ーーーーーーーーーー

読んでいただきありがとうございました。

↓ぽちっとしてくださると嬉しいです(*´꒳`*)

にほんブログ村


follow us in feedly

↓色々な方の記事、参考にさせてもらっています(^^)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ゆるミニマル

美しい収納&お片づけレッスン♪

やっぱり好き MUJI 無印良品

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

大人が着る無印とユニクロの服

手作りおうちごはん